toggle menu

ブログBLOG

新築住宅の間接照明を選ぶ際のポイントや注意点は?実例もご紹介!

2021.09.09

開本 義治

旭川支店 開本 義治


こんにちは。イワクラホーム旭川支店の開本です。

 

おしゃれなお家は、総じて間接照明の使い方が上手!

間接照明は柔らかな光でリラックス空間をつくると同時に、インテリアコーディネートをワンランクアップさせてくれます。

 

新築時の照明プランを考える際には、ぜひ間接照明も一緒に考えてみてください。

 

今回は、新築時の間接照明プランについてご紹介。

 

新築時に間接照明を考えるべき理由、間接照明を選ぶ際に気をつけるべきポイントなどをお伝えします。

イワクラホームの新築での、素敵な間接照明施工事例もご紹介しますね!

間接照明

 

 

間接照明を取り入れるなら新築建築時がおすすめ!その理由は?

間接照明とは、光源を隠すように天井や壁の裏側、足元などに照明を配置して、反射した光で空間を柔らかく照らす照明のこと。

 

明るすぎない柔らかな光は落ち着いた雰囲気を演出し、リラックスできる空間に。

家具などの影が浮き出て奥行きを強調し、部屋を広く見せる効果もあります。

反射した光で空間を柔らかく照らす照明

間接照明を計画する際には、新築のプラン設計の際に、一緒にお考えください!

通常の照明と異なり、照明器具が直接見えないように壁や天井を造作して作るため後からだと計画できない場合があります。

リフォームやDIYで対応する場合でも天井や壁の加工が必要となるため、新築時よりもコストがかかってしまいます。

 

しかし、新築の設計時に間接照明のプランも一緒に考えれば、好きな場所に好きな間接照明を設置可能です。

新築時に間接照明を上手に考えることで、費用対効果を高く、空間をさらにおしゃれに演出できるのです。

 

 

新築住宅の間接照明を選ぶポイントは?失敗しないための注意点も

間接照明を選ぶポイント

新築で間接照明を考える際には、以下のポイントを押さえると失敗を防げます!

 

補助照明との組み合わせ

リビングやダイニングは、間接照明だけでは明るさが不十分な場合もあります。

手元の灯りを補うために、補助照明も点灯できるようにすると快適に過ごせます。

キッチンの流し元、ダイニングテーブル、ソファやセンターテーブル付近などに直下を照らせるダウンライトや、スタンド、スポットライトなどを配置しておくと手元の灯りも確保できます。

補助照明

寝室には明るさの段階を切り替えられる、調光機能付きの間接照明もおすすめです。

より寛ぎ感を感じられる空間になります。

寛ぎ感を感じられる空間

 

光源を隠す配置

間接照明は光源が直接見えないように配置するのがポイント。

光源が見えてしまうと明るくてリラックスできない、逆に一部の光に目が慣れてしまい、そのほかの場所が暗く感じるなどのデメリットが。

大光電機照明カタログより

例:大光電機照明カタログより

 

床を照らす場合には、タイルなど光沢のある素材によっては床に映り込んで光がキレイに伸びないので、配置には要注意です。

大光電機照明カタログより

例:大光電機照明カタログより

 

そのほか戸建ての照明選びについては、こちらでも詳しくご紹介しています。

戸建ての照明、選び方のコツや注意点を伝授します!

 

素敵な空間づくりが実現できるよう、新築住宅の照明プランを考えてみましょう。

 

 

新築住宅に間接照明を取り入れた実例をご紹介

イワクラホームの新築事例で、素敵な間接照明プランをご紹介します。

 

札幌市 Y様邸

札幌市 Y様邸

約3mの開放的な天井高を活かして、L字に間接照明を配置。

柔らかな光が上質な空間を演出します。

 

「間接照明だけでは暗いかな?」と真ん中にシーリングライトも付けたそうですが、お嬢さまはシーリングライトよりも間接照明の光がお気に入りで、間接照明で過ごすことも多いそうですよ。

 

札幌市 O様邸

札幌市 O様邸

家じゅうのいたるところで、デザインや機能にこだわりをもった照明選びをされたO様邸。

北欧柄のアクセントクロスを貼った、玄関の間接照明付きニッチも素敵です。

 

玄関の框下にも間接照明を設置し、上からはペンダント照明も吊るしています。

 

札幌市 O様邸

札幌市 O様邸

キッチン・ダイニングの吊戸上をワイドに照らす間接照明を取り入れられています。

ダイニングテーブルを置く位置には、テーブル面のみを照らすタイプのペンダント、キッチン部分にはダウンライトをプラスして明るさを確保しています。

 

 

まとめ

光源を隠した柔らかな光でリラックスした空間を演出する間接照明。

家をより素敵でおしゃれにランクアップさせてくれます。

 

照明の配置には天井や壁の内側に配線が必要になるため、後付けやリフォームでは思い通りにできるとは限りません。

新築の設計時に、照明プランも一緒に考えるのがおすすめです!

 

メイン照明との組み合わせや、光源とその反射が視界に入らない設置場所、メンテナンス性なども考慮しながら、間接照明のプランを考えてみましょう。

 

イワクラホームでも新築住宅への間接照明の施工事例がたくさんあります。

札幌・旭川・苫小牧・室蘭の注文住宅にはイワクラホームの家づくり事例をぜひご参考ください。

 

この記事を書いた人

開本 義治

開本 義治

住宅事業部旭川支店。経験年数30年以上(東京都で12年間、北海道で19年間)。二級建築士。
ツーバイフォー工法の設計を専門としており、実際に施工された担当物件は420棟以上。狭小住宅、平屋、3階建、2世帯住宅、アパートなど幅広いご要望に対応した空間づくりをお手伝いさせていただきます。

閉じる