新築ならイワクラホーム > ツーバイフォー住宅について

ツーバイフォー住宅について

三匹の子ぶた ~ツーバイフォーなら、だいじょうブー!~

北海道の風土にあったツーバイフォー工法

イワクラホーム2×4住宅の全体構成

シンプルでシステマティックな
ツーバイフォー工法

在来工法と呼ばれる一般的な軸組工法が柱や梁などの「線」によって建物を支えているのに対し、ツーバイフォー工法はダイアフラムによってつくられる「壁」・「床」・「屋根」からなる「6面体構造」です。

「6面体構造」は、地震や雪など外からかかる力を分散させることができ、極めて堅牢な躯体をつくります。 

イワクラホームのツーバイフォー住宅では、このように工法自体が本来備えている特性に加えて、2×6材を採用した外周耐力壁により、性能アップを図っています。

ツーバイフォー住宅の壁

※2×6材の場合、面積計算時の中心線を外周部へずらします。だから2×4材と内壁の位置は同じとなり、室内の面積は変わりません。