toggle menu

ブログBLOG

化粧梁のメリットデメリットは?おしゃれなデザインにするコツも確認!

2021.11.30

川野谷 隆

道央支店 川野谷 隆


こんにちは。イワクラホーム道央支店の川野谷です。

 

天井周りのデザインは、空間を広く見せる重要なポイント。

本来であれば天井裏にあるはずの梁をあえて見せたり、ツーバイフォー工法のように梁が見えてこない工法でも化粧として梁を取りつけて室内をおしゃれに装うのが「化粧梁」です。

 

今回はインテリアデザインのひとつとして、ぜひ取り入れてほしい「化粧梁」についてご紹介します。

 

化粧梁とは何か? どんなメリット・デメリットがあるのか。

イワクラホームでの化粧梁の施工事例についても、あわせてお伝えします。

化粧梁

 

 

化粧梁とは? 化粧梁があるとどんな特徴の家になる?

そもそも「梁(はり)」とは、垂直に立てる柱に対して、横向きに渡される部材のことを言います。

柱と柱の間に渡すことで柱を固定するとともに、屋根などを支える働きがある大事な部材です。

 

通常は天井の内部に設置されて室内から見えないものですが、デザイン上のアクセントとして、あえて見えるように設置したものが「化粧梁」です。

「見せ梁」と呼ばれることもあります。

 

化粧梁は天井空間にポイントをつくることで、奥行き感や高さを演出して部屋を広く見せてくれます。

床、壁、家具だけではなく、天井の空間まで合わせてコーディネートを考えられるので、統一感のあるおしゃな部屋をつくれるでしょう。

 

厳密には構造上必要な実際の梁をあえて見せているもの、梁としての役割はないけれど装飾として付けているものの2種類があります。

 

 

化粧梁を使った空間のメリット・デメリットとは

化粧梁を使った空間

住宅デザインに化粧梁を取り入れるメリットと、デメリットについてご紹介します。

 

化粧梁を取り入れるメリット

住宅デザインに化粧梁を取り入れるメリットは、天井にポイントをつくることで、室内の奥行き感や立体感をより感じられること。

さらに、梁下に天井材を張る必要がないので、そのぶん実際に天井が高くなります。

 

天井が高いと、開放感があり部屋が広く感じられますよね。

吹き抜けの天井とも相性抜群です!

吹き抜けの天井

化粧梁の素材や色によって、部屋の印象を変えることも可能です。

床や家具の色味と合わせたり、逆にポイントになる素材・色味を使ったりなど、天井空間も含めて部屋をおしゃれにコーディネートすることができるでしょう。

 

化粧梁を取り入れるデメリット

天井空間のポイントになる化粧梁ですが、高い位置に設置するので、ホコリを掃除しづらい、場所によっては照明やシーリングファンの邪魔になるといったデメリットもあります。

 

また、構造上で必要な梁をあえて見せる場合では、設置場所や向きなどを希望に合わせて自由に移動することはできないという点に注意が必要です。

 

 

化粧梁を生かしたおしゃれなデザイン例も参考に!

化粧梁は色味の組み合わせで、おしゃれにアレンジすることができます。

 

たとえば、こんなデザインはいかがでしょうか。

 

【無垢調の化粧梁】木の温もりが感じられるナチュラルな空間に。

無垢調の化粧梁

【濃色の化粧梁】メリハリのある空間に。レトロなイメージにもぴったりです。

化粧梁

デザインとして付け足す化粧梁なら中を空洞にすることも可能なため、電気の配線を通したり、照明をつけたりとアイデア豊富に楽しめるでしょう。

 

イワクラホームの新築事例の中からも、化粧梁を生かした素敵なお家をご紹介します。

 

室蘭市 O様邸

室蘭市 O様邸

奥様が好きな北欧テイストに近づけるべく、提案した木目調の化粧梁。

白壁と白い建具、ブルーのカーテンの組み合わせがナチュラルテイスト。

 

天井に設置したブラックのリーシングファンが、空間をさらに引き締めます。

 

札幌市 S様邸

札幌市 S様邸

「吹き抜けのある明るいリビング」は当初からのご希望。

床や折り下げ天井、建具などに採用しているブラウンより一段明るいナチュラルな木目色を化粧梁で取り入れました。

 

白壁・白天井の吹き抜け空間で、さらにナチュラルテイストをプラスして統一感を持たせています。

 

札幌近郊 S様邸

札幌近郊 S様邸

リビングの天井と、スキップフロア上部の吹き抜けの天井に化粧梁を設置。

白壁にダークブラウンの化粧梁が映え、スタイリッシュな雰囲気に。

 

床材もダークブラウンの無垢材、建具や家具も同系色のカラーでまとめ、個性と高級感を演出しています。

 

 

まとめ

化粧梁とは、本来は天井裏にあるはずの梁(はり)を、デザインとしてあえて見せるもの。

構造上必要になる実際の梁を見せるもの、デザインとしてあえて付け足すものがあります。

 

化粧梁は天井にポイントをつくりだし、空間を広く見せることができます。

素材や色の選び方で、天井も含めて家をさらにおしゃれにコーディネートできますよ!

 

ただし、掃除がしづらい、場所によっては照明や空調に影響が出るなどのデメリットも。

メリットデメリット両方を踏まえて、検討してみましょう。

 

化粧梁は高天井や吹き抜け空間とも相性抜群なので、新築ではぜひ検討してみてくださいね♪

 

イワクラホームでも新築住宅での化粧梁施工事例がたくさんあります。

札幌の注文住宅にはイワクラホームの家づくり事例をぜひご参考ください。

この記事を書いた人

川野谷 隆

川野谷 隆

住宅事業部道央支店支店長。経験年数もうすぐ30年。
宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー。
個人の新築住宅担当件数は220棟を超えました。
ご契約のみならず、お引渡し後も「安心と信頼」をいただけるよう心掛け、日々、取り組んでいます。

閉じる