toggle menu

札幌市 N様邸CASE11

陽射しが心地よいくつろぎの住まい

  • エコカラット
  • オープンLDK
  • シューズクローク
  • 吹抜

thumb_house-case11_01

<リビング>

南側に設けた大きな窓から心地良い陽射しが差し込むリビング空間。収納力抜群のテレビカウンターで室内もすっきり。

壁面は両サイドをエコカラットでデザイン。

 

 

case11_ダイニング

<ダイニング>

大きな吹き抜けを設けた開放的なダイニングルーム。対面キッチンなので、キッチンにいる奥様と会話を楽しめる。

 

 

case11_yousitu

<洋室>

玄関に続く洋間を開け放つと広い玄関ホールの様に見えます。奥に設けた飾り棚でお客様をおもてなし。

 

 

case11_シューズクローク内部

<シューズクローク>

玄関横にシューズクロークを設けてすっきり収納

 

 

thumb_house-case11_07

<外観>

モノトーンで統一したモダンな印象の外観

 

 

case11_LDK

<オープンなLDK空間>

キッチンから各部屋に視線が届くオープン設計

 

 

吹き抜けで空間がつながっているので、2階にいても1階の気配を感じられる

<吹き抜け>

吹き抜けで空間がつながっているので、2階にいても1階の気配を感じられる

 

 

case11_和室

<2階の畳コーナー>

落ち着いた色調でコーディネートされた畳コーナー

 

 


 

2011年の初夏に札幌市に完成したN様邸。

色々なプランを検討されている中、江別市のイワクラホームのモデルハウスをご見学いただいて、イメージが具体化し、モデルハウスをベースにN様オリジナルの要素を付け加えご契約へと至りました。

 

それまでは光熱費が気になるので、吹き抜けはいらない。とお考えだったお二人が吹き抜けがあるモデルハウスをご覧になってから「これもいいかも。」と考えが一新したそうです。

 

「家を建てている最中は決める事が多く、毎日大変だったけれど今思えば楽しかったです。」と当時を振りかえってニッコリ。

 

奥様のお気に入りはなんといっても「キッチン」。以前よりも広くなり、収納スペースもしっかり確保しているので「とっても使いやすいです。これ以上の広さはいらないですね。」と大満足。

 

ご主人は一体感がある空間設計を大変気に入っておられて、「扉を開けている時の一体感もいいのですが、扉を閉めても閉塞感がなく空間のつながりを感じます。」とおっしゃっていました。

 

家族が集うリビングから明るい柔らかな陽射しがたっぷりと室内に入り、とても居心地の良いN様邸でした。

 

この実例を見てる人は
こちらの実例も見ています

カタログ請求