toggle menu

札幌市 K様邸CASE28

理想を叶えた寛ぎのリビング空間。スキップフロアの住まい

  • シューズクローク
  • 吹抜
  • 広々リビング
  • 書斎
  • 間接照明


透明パネルで吹抜けからの光をたっぷり感じられる中2階。お子さん達のプレイスペースや洗濯物干しなどマルチに活用されているそう。

 
 


2面に大きな窓を設けて光が燦々と降りそそぐ中2階

 
 


ナチュラルカラーでコーディネートされた外観デザイン

 
 


フリールームと中2階で縦横に視線が通り実面積以上の広さに感じられるリビング。モデルハウスを参考に取り入れた間接照明がポイント。

 
 


中2階下のフリースペースをリビングと同レベルにしてオープンな空間に。来客時はロールスクリーンで空間を間仕切りできます。

 
 


キッチン裏やダイニング側、食器棚など収納が多く機能的。キッチンの横にダイニングテーブルを置く配置は奥様の希望。キッチンにいながらお子さんの宿題の様子も確認できます。

 
 


ご夫婦がよくくつろいでいるというダイング。掃き出しの窓から外の風景も眺められ心地良い空間です。

 
 


帰宅後すぐに手を洗えるホールに設けた洗面コーナー

 
 


ご主人の書斎コーナーはコンクリート調の壁紙で落ち着いた空間に。

 
 


2部屋を続き間にしている子供部屋。それぞれの収納スペースの上をロフトベットに。

 
 


中2階上部の吹抜けに面して室内ドアを設けた主寝室。

 
 


玄関横の広々シューズクローゼット。

 
 


 

2017年3月に完成したK様邸。ゆったりしたリビングに吹抜けからの光が満ちて明るく開放的なお住まいです。 K様と当社との出会いは2016年の秋頃。マイホームセンター札幌会場のモデルハウスにご来場いただき、応対した営業を気に入って頂いて その後、建設候補地をご自身で見つけられた際に お声掛けいただきました。

 

お嬢さんが小学校に入るタイミングで家を建てようと、住宅雑誌を購入してイメージにある写真を切り抜いてスクラップしたり、 マイホームセンター等の総合展示場や色々なモデルハウスを見学されたそうです。 スキップフロアのモデルハウスをご覧いただいてイメージが固まってK様邸のプランが出来上がりました。

 

リビングに続くフリールームはモデルハウスではリビングより下に下がった空間でしたが、色々考えられてリビングと続き間とすることに。 普段はオープンの続き間にしたかったので、扉を設けず、来客時は上部に設置したロールスクリーンで間仕切る空間に。 また、お嬢さんが年頃になったときにも使いやすいように洗面コーナーをホールに設けたり、子供部屋は将来的に間仕切りができる一つの大きな部屋にしたり、と将来の事も考えてK様オリジナルの間取りが出来上がりました。

 

時間のある時には夜ダイニングに座ってゆっくりお酒を飲まれるというご主人。「いい家だなあ。」と思わず声にでてしまうそう。 壁一面に設けた間接照明がリビングを華やかに演出していて、夜は昼間とはまた違う印象になるそうです。
奥様はモデルハウスが落ち着いた床の色だったので、濃い色にしようか明るい色にしようかかなり悩まれたそう。 吹抜けからの光を明るい床が反射してさらに室内を明るい印象にしています。

フリールームや中2階、そして子供部屋と家中がお子さん達のプレイスペースになっていて、明るい笑顔が家中に溢れているK様邸でした。

 

 

私がお手伝いしました

道央支店
藤田 勝
この度のK様邸のポイントは「親と子の目視出来うる空間」「開放感」「無駄のない収納スペース」の3点でした。

完成したK様邸はスキップフロアを取り入れて、1階2階ともに天井高2,550mmという伸びやかで開放的なお住まいになっています。
髄所に収納スペースも設けていて、無駄のない収納スペースというポイントもクリアしています。

今も鮮明に覚えておりますが、K様が初めて展示場へお越しになった時に、興味津々に様々な質問をされ、アットホーム的な家つくりへの夢や希望の強さを感じました。
住宅づくりの知識や経験には自信がありましたので、持論も含めお話しをさせていただいた所、K様の印象に残ったようです。
再来場いただいた時には、お子様達から「藤田さん、藤田さん」としっかり名前を呼んでいただき感激でした。

イワクラホームのテクノロジーと心強いスタッフの協力もあり、K様にご満足いただけますお住まいが完成し、 K様ご家族よりも私の方が喜んでいるかもしれません。
これから、ご家族の楽しい記憶をお住まいに刻んでいっていただきたいです。感謝。

この実例を見てる人は
こちらの実例も見ています

カタログ請求