toggle menu

札幌市 S様邸CASE04

厳選した素材で仕上げたこだわりのお住まい

  • ステンドグラス
  • タイルカウンター
  • 書斎コーナー
  • 洋風

thumb_house-case04_01
陽射しがたっぷり入る2階の廊下は回廊のような雰囲気

 

 

thumb_house-case04_02

 

 

thumb_house-case04_03
S様がご自分で探したタイルがアクセントになっているカウンター

 

 

thumb_house-case04_04
趣のあるタイル張りの壁とステンドグラス、階段手スリ

 

 

thumb_house-case04_06
ご主人の書斎

 

 

thumb_house-case04_07
奥様の書斎

 

 

thumb_house-case04_05
S様がセレクトした雰囲気のある照明

 

 


 

歯科医のご主人と薬剤師の奥様、2人のお子様の4人で暮らしているS様邸はご家族のこだわりに満ち溢れたお住まいです。
奥様のご自慢の1つはキッチンにあるタイル張りのカウンター。お気に入りのワインボックスがあって、これを活かして引き出しにしようと、似合いそうなプル(取っ手)を探して造作したもの。ワインカラーの壁紙も日差しが似合いそうで、どこか南国風です。

 

キッチンとリビングは開放的に続いていますが、「キッチンにいて、子供が遊んでいるのが見えるように、お客様に隠したいところは隠れるようにと考えて」と奥様。絶妙な空間バランスになっています。
2階には主寝室のほかに、お2人の書斎とお子様の部屋。階段にはお子様の安全を考え踊り場を2ヶ所設けています。ご夫婦のお仕事上、家で調べ物をすることもあり、書斎は小さくてもそれぞれに、というのが当初からのプランだったそうです。「自分だけの時間を持つことは大切と考えていましたから」を奥様。書斎をはじめ部屋と部屋の間には必ず収納スペースを設け防音機能を持たせています。

 

構想から1年半、昨年12月に完成。「家作りに私たちも参加したい」と考えたご夫婦は、他メーカーのショールームからレストランの内装まで徹底的にチェック。工事が始まると週2回、こまめに現場通い。はしごをのぼって2階工事のチェックをしたこともあったといいます。「私たち家族が暮らす家ですからね」とご夫婦はほほえまれました。

 

 

私がお手伝いしました

道央支店
道央支店 桝谷 宏志
良い家に住みたい―家づくりを考える人なら誰もが持って願いです。
その願いを叶えるために私たちは全力で取り組んでいます。

家づくりはお客様の生活の基盤を作ることです。
子どもたちがのびのびと育ち、家族が安心して暮らせる家づくりを任されるのですから、私たちの使命は重大です。

お客様が心から喜んでもらえる家を私たちはいつも目指しています。

この実例を見てる人は
こちらの実例も見ています

カタログ請求