toggle menu

札幌市 M様邸CASE03

住む人のセンスが光る、開放感たっぷりの空間

  • リビング吹抜
  • 市松デザイン畳フロア
  • 飾り棚

<リビング・ダイニング>

ダイニング上部の吹き抜けと、大きな窓。開放感にあふれたリビング・ダイニング

 

 

thumb_house-case03_03

<畳コーナー>

ふすまと同じように市松模様にした畳フロアーが印象的。

 

 

thumb_house-case03_04

奥さまお気に入りのピアノを置いています。

 

 

thumb_house-case03_02

<リビング>

リビングにつけた飾り棚にもおふたりのセンスが感じられます。

 

 

main_house-case03

<吹き抜け>

2階ホールから見下ろしたリビング・ダイニング

 

 


 

ともに20代後半のMさまご夫婦。若いおふたりだけあって、お住まいにもライフスタイルにも、おしゃれなこだわりをお持ちです。
実は、奥さまのご趣味はモデルハウス巡りだったそうです。「母と一緒にイワクラホームのモデルハウスにふらっと入ったら、とても素敵な家だったので今度は主人と見に行ったんですよ」とおっしゃいます。
新築されたお住まいは、すみずみにまでおふたりのセンスが伺えます。白を基調にしたリビング・ダイニングは吹き抜けになっているほか、天井に段差を設けているため、とても広々とした開放的な印象です。また、壁の飾り棚がアクセントになり、シンプルななかにも遊び心が感じられます。窓は、大きいもの、横長のもの、縦長のものなど、採光の工夫がされています。
奥さまのピアノが置かれた和室には、市松にデザインした畳を採用。収納の扉も畳の色調に合わせてデザインされています。
「市松模様のデザインはイワクラホームさんが提案してくれたんですが、とても気に入っています」と、デザイン性の高い和室にたいへんご満足のようです。学生時代のバンド仲間だったとおっしゃるMさまご夫婦。そんなおふたりにぴったりの、まるで明るい音楽を奏でているようなお住まいです。

 

この実例を見てる人は
こちらの実例も見ています

カタログ請求