toggle menu

室蘭市 M様邸CASE33

リビングスッキリ。おしゃれな壁掛けテレビがある住まい

  • オープンLDK
  • ニッチ
  • 壁掛けテレビ
  • 広々リビング

モノトーンでまとめた外観。木目調の玄関がワンポイントになっています。

 

 

リビングの中心にワイドなテレビカウンターと壁掛けテレビを設置。

テレビを設置する壁を質感がリアルな板貼り風の壁紙でデザインしています。

 

 

リビングはテーブルを置かないで空間を広く活用されています。

3人掛けと2人掛けソファがラクラクおける広々リビングです。

スッキリとしたダウンライトとアクセントにシーリングファンライトも設置しています。

 

 

壁掛けテレビ背面の壁を他の壁よりも厚くして壁紙を変えています。

厚くした壁の内部に配線を通すことができるので、テレビの下に配線カバーが見えないスッキリとした納まりに。

テレビカウンターは壁一面に設置。カウンター部分の下がルンバの定位置にちょうど良いスペースになっています。

 

 

コンロ前に壁を設けていないオープンタイプの対面キッチン。

ダイニング側から手元が見えない高さにカウンターを設定。対面タイプなのでキッチンから食器の受け渡しもスムーズです。

 

 

間仕切り壁がないので、スッキリ広々して見えます

 

 

リビングのドアはグリーンのペイント調のドアに変更。

LDKのアクセントに横長ニッチも設置しています。

 

 

リビングから続く畳コーナーはお子さんのプレイスペースとして利用。

 

 

 

家族3人で就寝している寝室。

2階はダークブラウンの床材にしているので、落ち着いた空間になっています。

ベットから使えるようにコンセントを高い位置に設置しています。

 

 

 

 

将来の子供部屋。

今はお子さんのプレイスペースや客間として利用。

 

 

 

 


2017年10月に完成したM様邸は共働きのご夫婦と息子さんの3人家族。

2016年頃から家づくりを考え始め、当時八丁平で公開していたモデルハウスにご来場いただきました。

その際に営業担当の菊地が接客をし、建築したいエリアなどをお伺いしましたが、

まだその地域での土地の販売がない状況でした。

 

その後、現在のお住まいの地域での土地販売の情報があり、

M様に土地の情報と、その土地にセットしたプラン、資金計画をお送りしたところ、

「この内容なら建てられるかも。」とお考えいただいて具体的にお話しを進めていくことになりました。

その時にご提案したプランを基本に、アレンジを加え、M様邸のプランが完成いたしました。

 

数社の中でイワクラホームをご選択いただいた理由をお伺いすると、

「ご提案いただいた価格が現実的な価格だったことと、菊地さんの対応が決め手でした。信頼関係を築けたことが大きいです。」とM様。

建築中の打ち合わせもスムーズに行われ、楽しく選定されたそうです。

 

キッチンが広くなり、作業しやすくなったので、調理時間も短縮。

収納スペースも豊富にあるので、片付けもラクチンに。

保育園と職場、自宅が一直線になったので、送迎時間も短縮できたそうです。

新しいお住まいによってゆとりの時間が生まれたM様。

明るいリビングに家族3人の笑顔がいっぱいのM様邸でした

 

 

 

 

 

 

私がお手伝いしました

伊達支店
菊地 勇基
M様邸は60V型の壁掛けTVに、3m超のダークブラウン色TVボード、板貼り風クロスをアクセントに、両サイドの窓にはグレー系のプレーンシェードをご採用。
LIXILの床材や家具の色味も含め、LDK全体のトーンに統一感を出しながらも、メリハリをつけた素敵なLDK空間が出来上がっております。
更にM様からのご要望で、TVから配線が見えないようにコンセント位置を設計し、また、BDレコーダーやTVゲーム等をTVボードBOX内に納めた際にも、TVとの接続配線が見えない仕組みとなっております。そういった機能美も兼ね備えながら、壁面として凹凸をつけることにより、視線の先に飽きのこない工夫がなされております。
担当者写真については、M様にお付き合い頂きまして有難うございました。
合わせている手が、「ハート」。ご主人の両手は、「クロス」。「ハートがクロスする」で、M様ご家族がこの住まいで心を通わせるという意味を込めています。私はお子様の代理です。
これからもご家族の素敵な思い出を積み重ねていって頂きたいです。

この実例を見てる人は
こちらの実例も見ています

カタログ請求