toggle menu

江別市 K様邸CASE06

開放的な空間の中で、家族の距離感を大切にした住まい

  • オープンキッチン
  • スケルトン階段
  • リビング吹抜

thumb_house-case06_01
<リビング>

ご家族の団欒LDKが一体になったリビング

 

 

main_house-case06
<リビング>

大きな吹き抜けに面した上下に配した大きな窓からの日差しあふれるリビング

 

 

thumb_house-case06_03
<リビング>

リビングから続く開放的なスケルトン階段

 

 

thumb_house-case06_04
お子様のサッカーの思い出をディスプレイ

 

 

thumb_house-case06_02
<キッチン背面の収納スペース>

オープンなキッチンの背面はマガジンラックとディスプレイコーナーに

 

 

thumb_house-case06_05
K様ご家族

 

 


 

K様ご夫妻は、「リビングには大きな吹き抜けがある、そんな家がいいなぁと小さな頃から思っていました」と口をそろえておっしゃいます。

実際に2005年に完成したK様邸は「大きな吹き抜けのある家」です。

 

当社の営業担当者が札幌市内の吹き抜けのあるモデルハウスを全部案内し、旭川のモデルハウスも見学されたそうです。

この大きな吹き抜けは石狩緑苑台で公開していたモデルハウスのプランを参考にされました。

モデルハウスを見てまわると具体的なイメージがつかみやすく、プラン決定まで一ヶ月だったと参考になるご意見も頂きました。
K様ご夫妻は家族のふれあいを大切にしたいと考えられて、2階の子ども部屋も今は間仕切りなし。

階段もリビングから2階に続いています。奥様は「子どもたちが学校から帰って、2階に上がるときリビングを通るので、そこで学校での話をします」とおっしゃり、大空間ながらお子様達との適度な距離を取れるお住まいであることを感じました。
K様の二人のお子様はいずれもサッカークラブチームに所属しており、大会で好成績をのこす活躍をされています。

皆さん、サッカーに夢中で暖かなK様ご家族の最後のメンバーはキャバリア種の5ヶ月になる愛犬。

日差しがタップリ注ぐ吹き抜けのあるリビングのソファーで、とっても気持ちよさそうでした。

この実例を見てる人は
こちらの実例も見ています

カタログ請求