新築ならイワクラホーム > 2×4(ツーバイフォー)住宅 > 耐震・耐風性能

ツーバイフォー住宅について

三匹の子ぶた ~ツーバイフォーなら、だいじょうブー!~

耐震地震に強い家として高い評価を得ています。

住宅耐震イメージ

ツーバイフォー住宅は地震に強い。そういわれるのには、きちんとした理由があります。

床・壁・天井が一体となった6面体構造のツーバイフォー住宅は、地震の揺れを建物全体で受け止めてチカラを分散させます。地震力が一部分に集中することがないので、倒壊・損傷がなく、地震に対して抜群の耐震性能を発揮します。

平成7年の兵庫県南部を襲った阪神・淡路大震災。この地震による家屋の被害は、全壊※約10万1,000棟、半壊を含めた一部損壊が約28万9,000棟以上。
しかし、(社)日本ツーバイフォー建築協会の調査によると、被災地のツーバイフォー住宅のうち96.8%がとくに補修をしなくても継続して居住可能な状態を保ったことが報告されています。

※平成7年4月24日の自治省(現・総務省)消防庁発表より

実験でも証明されている高い耐震性

2006年に(社)日本ツーバイフォー建築協会が3階建て実物建物を用いた三次元震動実験を行いました。 阪神・淡路大震災時に神戸海洋気象台で記録された地震波を、三次元的に忠実に再現したこの実験で、3階建てツーバイフォー住宅はほとんど損傷もなく、優れた耐震性能を証明しました。

実験の様子を動画で確認

三次元振動実験

耐風台風や暴風雪にも負けない住まいです。

日本の台風以上に強力なハリケーンに見舞われる北米で生まれたツーバイフォー工法は、北海道の厳しい気象条件にも十分対応する耐風性を備えています。

イワクラホームのツーバイフォー住宅では、壁量安全率1.3倍以上を基本とし、風に対しても万全を期しています。また、構造躯体を構成する各部材も、釘や様々な専用金物できっちりと連結し、耐風性を高めています。

例えば、ハリケーンタイというあおり止め金物は、屋根が風で吹き飛ばされないよう、屋根の小屋組と外壁とがっちりと連結しています。住宅に被害をもたらすといわれている風速70m(1666N/170kgf)に対して、この金物1個当たりの耐力は3381N(345kgf)。 イワクラホームのツーバイフォー住宅は強固な構造躯体と専用の金物の使用などにより、優れた耐風性を実現しています。